笑顔でつくる輝く未来

福井の信長 パートⅢ

blog

福井の信長 パートⅢ

 剣神社の前の通りが信長通りという名になっている。信長の銅像も立っている。ここでは読み方が「オダ」ではなく「オタ」で濁らない。信長公はこの神社を氏神と崇めて、格別の信仰をしていたようで、神領も寄進して神社を保護している。代々この神官であった子に常正という人物が居て、時の越前の守護の斬波氏に見出されて家康として取り立てられ尾張の口に派遣され、苗字を与えられその故郷の地名をとって織田になったという。その子孫が信長ということになるが、この事はあまり知られていない。

                

 

         

カテゴリー

アーカイブ