笑顔でつくる輝く未来

橘 (パートⅡ)

blog

橘 (パートⅡ)

 橘という姓を天皇から与えられたのは藤原不比等の夫人である。

橘美千代という人である。

縣犬養美千代さんが橘姓を頂いたわけである。

不比等が敏達天皇から奪って自分の側室にした。

天皇から当時は美努王という王子であったが略奪して自分の側室に据えるとは。

権力を持つとなんでもありの時代であり、それだけ請われた人物なんだろうと思う。

その美努王と美千代の息子である橘諸兄が藤原の四子が天然痘で次々と亡くなり政権を取った。

その妹が光明皇后であり東大寺の大仏様を作った聖武天皇の御后である。

まさに橘の一番輝いていた時であった。

その不比等は藤原の祖である鎌足の次男である。

春日大社も興福寺もこの不比等が作った。かなりの政治能力も持った者である。

多分、不比等が美千代さんを横取りしたのも美千代さんの才能が欲しかったからではないだろうか?調べていくとどうもそういう人物のように思える。

カテゴリー

アーカイブ